【欅坂46】菅井友香「欅坂はもう終わりだよねと批判する人たちへの『僕は嫌だ』でしたね」

 

f:id:selfinovation:20180627184854j:plain

今回は雑誌BRODY8月号の記事を参考に、欅坂46の魅力を

語らせてもらおうと思います。

 

ゴールは欅坂仲間を増やすことです。

 

natalie.mu

 デビュー2周年を記念したワンマンライブ「欅坂46 2nd YEAR

ANNIVERSARY LIVE」平手友梨奈は参加しなかった。

 

彼女は代表曲のほとんどでセンターを努めている。

 

だから今回のライブでは、センターを各メンバーで

振り分けて踊ることになった。

 

その中でも、一番の衝撃は『不協和音』のセンターに

なった菅井友香だったと思う。

www.youtube.com

 

この不協和音という曲は、平手色が一番強い楽曲と言える。

 

平手なしでは成り立たない曲とも。

 

 

それを2周年ライブではキャプテンがやり遂げた。

 

見えないところでの葛藤を雑誌のインタビュー

で知ることができたので引用していこう。

 

 

平手ちゃんが急に休んだ後のライブを振り返り、語る。

 

 

あの日のことは記憶に焼きついてまだ覚えています。

 

センターがいない『サイレントマジョリティー』で、

真ん中を誰も歩かないのにポーズを取っている自分たちが

虚しくて、悔しくて (中略)このままじゃだめだと強く

思った日でしたね。

 

BRODY (ブロディ) 2018年8月号

 

f:id:selfinovation:20180627191947j:plain

 

 僕はその映像を見れてないのですが、欅坂はどうしても

平手中心の構成になっていたのは確かだと思う。

 

主要メンバーが休止している今は、残ったメンバーが

何をすべきかを考え始めているように見える。だから、ライブも

バラエティ番組も様子が変わった。

 

 

菅井:最後の『僕は嫌だ』 では『欅坂46はもう終わりだよね』みたいに批判する人たちに対しての『僕は嫌だ』っていう気持ちを込めてやりました。今にみてろよみたいな。

f:id:selfinovation:20180627192707j:plain

 

 個人的には彼女らは非常に面白いグループに映っている。2周年の間に

分かりやすい葛藤や焦燥がファンにも見える形で、顔を出している。

 

彼女らは、大人や社会への反抗をテーマに掲げているだけに社会から

返ってくるものもキツイ反応が多いと思う。それだけに多くの物語りが

見えてくるし、応援もしたくなる。

 

秋元先生も、「欅坂はアンバランスで不安定」と評価しているらしい。

 

キャプテンの菅井ちゃんは、それが嫌で一つにまとめようと動いていた

らいいが今は止めたという。バラバラであっても、グループが最終的に

同じ方向を向いていればいいと。

 

今回のbrodyさんは欅坂特集なんですが、冒頭の6ページくらいの

インタビューだけでも非常に内容が濃い。坂道オタクなら、何度も

読むような仕様になっている。

 

今後も何記事かbrodyさん関連の記事をあげていきます。

 

欅オタクが増えますように。

 

f:id:selfinovation:20180627194159j:plain

 

 

 

withyou.hateblo.jp