【欅坂46】渡邉理佐「自分を犠牲にしてまでお仕事をやることはない」BUBKA2019年2月号

f:id:selfinovation:20190209091432p:plain

今回の記事では、BUBKA2019年2月号 に載っていた欅坂の4人のインタビューを引用した話をします。

 

吹きつける風が強く、急に仲間と離れても、内に秘めた覚悟があるから欅坂46に青春をかけている。そんな想いが伝わるインタビューでした。

 

こちらの記事の続きです。

withyou.hateblo.jp

BUBKA(ブブカ) 2019年2月号 [雑誌]

BUBKA(ブブカ) 2019年2月号 [雑誌]

 

 

ーいまの自分の状況も踏まえて、刺激になっているメンバーは

いますか?

 

理佐

長濱)ねるのことはすごく尊敬しています。

f:id:selfinovation:20190210081512p:plain

ーそれは彼女のどういう点でしょう?

 

理佐

外仕事がずば抜けて多い中で、やるべきこともちゃんとこなして

いるんですよね。グループも個人の活動も、ちゃんと両立できている

印象があります。

 

同い年ということもあってすごいなって思いますよね。

 

ー冷めた自分にもどかしさを感じることはありますか?

 

 

理佐

こういう世界にいるとあることないこと言われたりすることも

多いと思うんですけど、そういうときはまったく気にならないから、

冷めてる部分があってよかったなって思います。

 

その性格がうまくつかいこなせるようになったら最強だと

思います(笑)

 

ーアイドル活動をつづけていった先にあるもの、渡邉さんの現時点での

夢はなんですか?

 

理佐

アイドルとしての自分はいつか終わりがくることを薄っすら感じるんです。

 

欅坂46は結成からいままでずっと21人で活動してきて、メンバーが

増えたり減ったりするものではない特殊な存在だと自分のなかで

勝手に思っていたので。

 

f:id:selfinovation:20190209151047p:plain

 

渡邉

どんなお仕事でもそうだと思ってるんですけど、自分を犠牲に

してまでお仕事をやることはないと思います。

 

どんなお仕事も自分が楽しければいちばんいいんだろうなって。

 

これがダメだったらすべて終わりというわけではないと思うから。

 

BUBKA(ブブカ) 2019年2月号 [雑誌]

BUBKA(ブブカ) 2019年2月号 [雑誌]

 

 

合わせて読みたい

withyou.hateblo.jp