【欅坂46】どうして「笑わないアイドル」が共感を呼び、自己啓発的と言われるのか

f:id:selfinovation:20181014152019j:plain

 

今回は趣向を変えて、欅坂が求められている時代背景から彼女たちの魅力。そして今の時代について考察したいと思います。

 

 

 目次

 

 

地下アイドルが受け止めていたニーズを受け取った

f:id:selfinovation:20181014192600p:plain

 

 欅坂46は制服はできるだけシックに作られ、表現としてはどちらかというとアートっぽいグループである。

 

併せて読みたい

withyou.hateblo.jp

 

 

AKBやKPOPのグループはグローバルに開いているが、

欅坂はロックっぽかったり、内省的な歌詞が多い楽曲を中心としている。

 

他にはないコンセプトだから、流行っていると言ってしまえば簡単ではあるが。

 

 

 アイドルに興味があった層だけではなく、アイドルそのものに興味すらなかった層にまで届いているのは驚きだ。

 

 

乃木坂46と比較すると分かりやすいが、欅のファンは彼女らの「自己啓発的な側面」に共感して応援しているように見える。

 

 

乃木坂は清楚さを全面に出すことで、これまで歪んでいたアイドル像を王道に引き戻した。特殊ではあるが、理解しやすいコンセプトではある。

 

 

 欅の楽曲は、「自分が頑張って変わらないと、世界は変わらない

 というメッセージが多い。

 

 

有名な曲である「不協和音」

で言えば、

 

 

僕はyes と言わない


絶対 沈黙しない

 

最後の最後まで抵抗し続ける

 

というアイドルらしさのない歌詞が続く。

 

 

社会を変えるのではなく、自分が変わらないと少女は歌う

f:id:selfinovation:20181014194708p:plain

 

自己啓発的なものが流行る時は、「社会が悪いから私の現状も悪い」

と簡単には言えないときです。



最近の日本は「求めているものに

見あう努力が足りないのだから、結果は悪いだろう」というまともと言えばまともな空気が漂っています。

 

 

かといって、自分だけの力で現状を打破しようとするのは辛いので「自己啓発的」なものが流行っているわけです。

 

f:id:selfinovation:20181014195351p:plain

ジャケットにパンツスタイルで、女性的ではないアイドルを表現

 

 

 

彼女らの楽曲に表現される人は、基本的に孤立していて社会からはうとまれている。だから、社会から浮いてても仲間はいなくても自分で動いていかなくてはいけないんだ。

 


そういう強さに惹かれる女性ファンが増えているとか。

 

 

若者の生きづらさを受け止める踠くもの 

 

欅坂が急速に人気を伸ばしているのは、若者のいきづらさを一心に受け止めているように見えるから。

 

センターの平手なんかは特に、デビュー当初はあどけない中学生だったのに今はよくわからない存在になっている。

 

主演した映画の関係もあると思うが、世間のバッシングを一心に受けて傷つきながらもがいている。

  


そのパンクさと、かわいさを重ね持つから平手は人気を伸ばし続けている。

 

f:id:selfinovation:20181014200644p:plain

 

    スポンサーリンク