【欅坂46】菅井友香「てちがいると楽屋が和むんですよ」月刊ENTAME11月号

f:id:selfinovation:20191003154151j:plain

8月16日を皮切りに、全国を駆け抜けた欅坂46。今回ツアーで公演を行った舞台でメンバーが撮影をした。

 

 

 

という特集を月刊ENATMEで見つけた。今回は菅井ちゃんの記事である。

 

 

今回のツアー公演はストーリー

性の強い内容でした。

 

菅井 

曲によっては振りや映像が逆一

さまになったり、「エキセントリッ

ク」は出口がぐるぐると繋がってい

たりと、 1曲1曲、テーマに沿って

細かい部分までこだわって作ってい

ただいたとお話を聞きました。

 

 

|見所の多い演出ばかりでしたが

印象に残開った演出はありますか?

 

菅井 

シーンごとに、 演技をすると

ころがあったので、 そこは「リアルー

に自分がこの世界にいたらどうする

かな」と細かく考えてやりました。

私と土生(瑞穂)ちゃんは元々知り

合いという設定だったので、 ステー

ジ上では気を失敗っている土生ちゃん

のところに駆け寄って「なえ起きて」

って演技したり。

 

逆に、「語るなら

未来を…」で土生ちゃんがセンター

に行くときは、私に「ちょっと行く

わ」みたいな仕草をしていて。

 

 

 

大阪公演からは 「避雷針」のみ

参加という形で平手さんが復帰され時

ました。平手さんがいると メンバーー

の雰囲気も変わりますか?

 

菅井 

ふふふ、そうですね。てちが見

いると楽屋が和むんですよ。 本人は問

申し訳ないみたいな感じなんですけ

ど、いてくれると私たちもや っぱり実

うれしいです。

 

1曲でも出てくれる

だけで盛り上がりが変わるのを感じ

ましたし、 私もステージに立ちなが

ら 「次、てちが出られるんだ」って

 

思うとすごくワクワクしました。

 

 

 

変わる欅坂46、変わらない欅坂46ーENTAME11月号

f:id:selfinovation:20191003151725j:plain

9月18日、19日に行われた東京ドーム公演。それに関する記事を月刊エンタメに見つけた。


印象的な場面をピックアップしたい。



誰もが高鳴る鼓動を抑えながらラ

イブが始まるその時を待っていた。


まだかまだかとステージに釘付けに

なっている中、機械音が鳴ると、ス

テージは森のような場所へと姿を変

える。


そこはボロボロの車やテント、

標識が廃棄されており、まるで^ス

クラップ工場,のよう。その光景は、

不気味ながらどこか美しさを感じさ

せた。

f:id:selfinovation:20191003153050j:plain


すると突然客席から悲鳴のよ

うな歓声が上がる。


ステージに平手友梨奈が立っていた。ステージを紡律う様子は停くて、目を離さずにいられない。


そんな平手がステージにあるピアノに手をかけ、鍵盤を鳴ら

すとライブがスタート。OVERT

rStuUREが流れ、ドーム一面が樫坂46

を象徴する緑色に染まった。




【欅坂46】夏の全国アリーナツアー2019宮城ー尾関梨香ー月刊ENTAME11月号

f:id:selfinovation:20191003145810j:plain

8月16日を皮切りに、全国を駆け抜けた欅坂46。今回ツアーで公演を行った舞台でメンバーが撮影をした。

 

 

という特集を月刊ENATMEで見つけた。

f:id:selfinovation:20191003150542j:plain

 

そこから印象的な言葉をピックアップしてみようと思う。

ENTAME(エンタメ) 2019年 11 月号 [雑誌]

ENTAME(エンタメ) 2019年 11 月号 [雑誌]

 

 

「樺共和国」では可愛らししみ兵衣裳の尾関さんが話題になりまし

たが、ツアー公演ではそのイメージーを覆すクールな演出ばかりでした。

 

尾関

本当に。「樺共和国」で笑顔っ

ていた私たちはどこに行 ったんだろ

う(笑)。

 

今回、MCとアンコールくらいしか笑顔の場面がなくて。でも、樺坂46らしい雰囲気に戻ったなとも思いました。

 

 

 

確かに、MCでメンバーが笑顔

でしゃべっているのを見たら少しホー

ッとしました(笑)。

 

 

尾関

 MCはCMのように、1回世界が変わったみたいな演出にしているってスタッフの方に聞きました。

 

MC前の映像がそのきっかけにな っ

ているんです。

 

 

 

 

 

 

| 今回のツアーでは2期生が初参

加しましたが、尾関さんから見て彼

女たちの成長は感じますか ?

 

 

尾関 

今回、2期生だけのダンスパー

-トがあったんですけど、 練習時間

があまりなかったんです。

 

頑張って練習していたけど、リハーサルでTAKAHIRO先生に「まだ揃って

ない」と言われていて。

 

全体リハーサルが終わったあとも2期生たちはステージに残ってずっと練習していたんです。

 

その姿を見て 2期生たちは2期生たちで今の自分と向き合って戦っているんだなって思いました。

-

 

 

【欅坂46】夏の全国アリーナツアー2019宮城ー石森虹花ー月刊ENTAME11月号

f:id:selfinovation:20190930165919j:plain

8月16日を皮切りに、全国を駆け抜けた欅坂46。今回ツアーで公演を行った舞台でメンバーが撮影をした。

 

という特集を月刊ENATMEで見つけた。

f:id:selfinovation:20190930170643j:plain 

 

ー今年の全国ツアーは宮城県からスタートでした。宮城でのライブは2年ぶりになります。

 

石森 「真っ白なものは汚したくなる」のツアーですよね。メンバーみんなが牛タンを食べて、喜んでくれたのを覚えてます。

 

まぁ、今回もなんですけど(笑)。当時、「また次も一宮城に来られるように頑張らなきゃね」って同じ宮城出身の(守屋)茜と話していたから、ライブでは異常に緊張したのを覚えています。

 

- 公演日前日にはセンターである

平手友梨奈さんが怪我で参加できないという発表もありましたが、

不安はありませんでしたか?

 

石森 多分、2年前だったら不安に「なっていたと思います。だけど、今

回は逆に自分たちのカを ファンの皆さんに見せるんだ! っていう強い

気持ちになれました。

 

 

ー そんな今回の公演は今まで以上

気に演出が多彩で、特に艦の中でのパフォーマンスには驚かされました。

 

石森 私、艦に何回も手が当たってました(笑)。

 

でも、あの窮な空間でみんなが踊っている姿が「脱出したい」という感じがお客さんにも伝わったらいいなと。それと、樽坂46のパフォーマンスは今までも

考えさせられることが多かったんで

すが、今回は ストーリー仕立てにな時っていて、より考えさせられる内容だったと思います。

 

引用元

ENTAME(エンタメ) 2019年 11 月号 [雑誌]

ENTAME(エンタメ) 2019年 11 月号 [雑誌]

 

【乃木坂46】中田花奈麻雀ガチバトルの動画まとめ

f:id:selfinovation:20190929123503j:plain

麻雀好きで、個別握手会の机に麻雀台を置いていたことでおなじみの「中田花奈」が実際に麻雀をしている動画を見つけた。

 

ので、まとめていこうと思う。

 

【麻雀・特別企画】乃木坂46中田花奈Mリーグの聖地へ潜入!全てをさらけ出したあのMリーガーに想いを伝える!『熱闘!Mリーグ#13』アベマVで毎週日曜よる10時生放送中!

www.youtube.com

 

 

乃木坂46 中田花奈 「麻雀ガチバトル トップ目とったんで!二代目決定トー

https://www.bilibili.com/video/av15628131/?redirectFrom=h5

乃木坂46 中田花奈出演『NMB48村瀬紗英の麻雀ガチバトル!さえぴぃのトッ

https://www.bilibili.com/video/av18089512/?redirectFrom=h5

乃木坂46 中田花奈出演 #12『NMB48村瀬紗英の麻雀ガチバトル!さえぴぃの

https://www.bilibili.com/video/av24354869/?redirectFrom=h5

 

 

【欅坂46】今更ながら「黒い羊」PVを考察。平手の抱える「絶望」と「諦観」

f:id:selfinovation:20190928151757j:plain

欅坂46の8枚目シングル「黒い羊」に関して、面白い考察を見つけた。

 

今更ながら「黒い羊」における絶望と諦観について考えたい。

 

欅坂46“黒い羊”と「絶望」。誰が平手友梨奈の「僕」を救うのか?

https://www.cinra.net/column/201902-keyakizaka

 

 

黒い羊の歌詞は、主張と諦観が入り乱れている。

中でもサビの前にある「全部僕のせいだ」に関しては、

主張しても仕方がない。黒い羊である僕が悪いんだという、諦めが強い曲である。

 

 

最終的には、悪目立ちしてもいいから

「白い羊」にはなりたくない。という締めくくりをする。

 

初期の曲に比べると、個人の主張だけではなく、

少し全体像を見ているのが分かる。

 

 

集団とは異なる僕を、客観的に見れている。

 

 

平手がPVで持ち歩く彼岸花には、

「諦め」「情熱」「独立」「再会」「転生」「悲しい思い出」

といった花言葉がある。

 

さまざまな絶望を抱えたメンバーが、

平手と抱き合うことで救われていくストーリーだ。

 

 

だが、メンバーを救うに従って平手には

絶望が寄せ集められているようにも見える。

 

実際、最後には救ったはずのメンバーに屋上で

追い込まれて、冒頭の事故現場に繋がる。

 

彼岸花の転生はここでつながってくるのだろう。

 

引用

「僕」、「僕」と同様に指を差され「白い羊のふりをする者」から「黒い羊」であることを選んだ小林、「白い羊」と「白い羊のふりをする者」との中間的な立場と思しき石森という異なる性質を持つ3人が三角形を描く姿は、「白」か「黒」かとはっきりさせることのできない人

 

f:id:selfinovation:20190928151757j:plain

 

ananに乃木坂46全メンバー43人が登場。中田花奈&佐々木琴子&佐藤楓×ワンテクヘアなど

 


f:id:selfinovation:20190926111508j:plain

乃木坂46「anan」ジャック 全メンバー43人が様々な形で登場

https://www.excite.co.jp/news/article/Mdpr_news1871957/?p=2

 

引用

乃木坂46が、『anan』2169号(9月25日発売)に、メンバー43人全員登場する。

表紙を飾るのは、白石麻衣齋藤飛鳥松村沙友理堀未央奈遠藤さくら、賀喜遥香、筒井あやめの7名。新曲『夜明けまで強がらなくてもいい』にちなんで“お泊まり会”をイメージした特別シューティングを敢行。

 

 

f:id:selfinovation:20190926111508j:plain

anan(アンアン) 2019/10/2号 No.2169 [女子の流行りモノ'19秋! /乃木坂46]
 

 

f:id:selfinovation:20190926112930j:plain

 

 

f:id:selfinovation:20190926112937j:plain

f:id:selfinovation:20190926112955j:plain

f:id:selfinovation:20190926113009j:plain



 

【欅坂46】グループ初の選抜制度、二期生が7名入りファンからは賛否の声も。

f:id:selfinovation:20190926105035j:plain

9月8日の「欅って書けない?」において、欅坂46の9枚目シングル(今冬リリース、タイトル未定)の選抜メンバーが発表された。


今回は初の選抜制度となる。二期生が7名入る一方で、初期から活動を共にした一期生7名が選抜落ちをした。


その中には、ダンスのキレで有名な鈴本や写真集を出したばかりの小池も入っている。


二期生が入ったことは喜ばしいが、選抜の基準が何を元に動いているのか分からないため、ファンの意見は賛否ある。



キャプテンの菅井は、『欅坂46が変わるためにはもうこれしかないのかなって思いました。グループとして停滞しているのはずっと感じてたので…』と語っている。


【欅坂46】平手友梨奈「角を曲がる」MV公開。もう一人の平手と対峙するシーンには論争も。

f:id:selfinovation:20190922131836p:plain

欅坂46平手友梨奈が、ソロ曲「角を曲がる」のMVを公開した。

 

この「角を曲がる」は、平手の初主演映画『響 -HIBIKI-』主題歌と

して話題にはなったがPVはおろか、ライブでも全く触れられなかった

曲である。

 

しかし、9月19日東京ドームで開催された『夏の全国アリーナツアー2019』追加公演のダブルアンコールにて、突如「角を曲がる」を披露。その翌日、YouTubeチャンネルにMVが公開された。

realsound.jp

 

realsound.jp

 

平手のコンテンポラリーダンス、イメージは黒い羊のように平手に

沿ってカメラが動いていくパターン。

 

公式リリースによれば「苦悩しながら生きる葛藤」が描かれている。イントロからAメロに入る瞬間、にこやかな笑みを浮かべていた平手が顔を両手で覆い真顔になる場面(約20秒)や『響 -HIBIKI-』の中で平手演じる響が校舎から飛び降りるシーンを連想させる場面(約34秒)、〈らしさって 一体何?〉という大サビの歌詞でもう一人の自分と対峙する場面(2分28秒)と印象的な多くのカットが存在し、ネット上ではMVを巡る考察合戦が勃発している状態だ。

 

欅坂は先日発表された、9まいめシングルで初の選抜制度が取られた。

 

 

有名なメンバーは選抜入りして、あまり名前の上がらなかったメンバーは

アンダーメンバーとして別れてしまった。

 

何名かのブログを読む限り、これが転換点であると彼女らは

自覚している。

 

キャプテンの菅井友香は「欅坂46が太く強くなるために必要な

乗り越えなきゃいけないこと」と話していた。

 

 

さまざまな状況を通して、このタイミングで『角を曲がる』が

PV化されたのではないかと思う。

 

グループとしても角をまがったのだと。

 

 

このPVは次のシングルに入るのだと思う。いや入ってほしい。

 

www.youtube.com